女性のあなたらしい仕事の仕方をお手伝いします

Yourown-design

お仕事

成果を出すホームページ作りとは

投稿日:2017年4月6日 更新日:

ブログもホームページも、「小さく初めて大きく育てる」とよく言われます。

大手企業なら、資金があるので最初からホームページに投資をして広告を出すなど費用をかけることができますが
私たち個人事業主やフリーランス

ネットで収益を上げるには、何よりもアクセス数が必要です。

やっぱり見てくれる人が多くないと、何も始まりません。

成果を上げるホームページとは

いきなり大きな成果を出すのはとても大変です!
そこで3段階で考える方法が良くあります。

1番目は「既存ターゲット」

SNSやお食事会、起業家の集まりのパーティーなどで一度でもお会いしたことのある人や、あなたのサービスを知っている人にホームページを見てもらえるようにします。

会ったり、SNSで知っている人がホームページの名前や屋号、サービス名で検索をしたときに、検索結果で表示されれば必ず見てくれます。

この屋号やサービス名で検索したときに表示されることがポイントです。

だって、ほとんどの方は http://からのアドレスを入力することはないからです。

例えば、私のホームページ名は「Yourown-design」です。
お会いした方には必ず名刺をお渡ししています。
その時はゆっくりお話しが出来なくても、後で名刺を見て私の屋号で検索をしてもらうと、Googleの表示で一番最初に表示されます。

あとからHPを見てもらい、後日連絡を頂くことが良くあります。

これが、既存ターゲットになります(*^-^*) 自分の周りにいる人達に確実にホームページの存在を教えていくことですね。

2番目に「顕在ターゲット」

いよいよSEO対策をしてしっかりと集客、収益を狙っていく時期になります!
とは言っても、まだアクセスの規模も小さいと思いますので、ターゲットをかなり絞り込みしていきます。

例えば、エステサロンのホームページだとしたら「フェイシャル 肌トラブル」「フェイシャル 色白」「フェイシャル 日焼けトラブル」など
悩みも絞り込みしてターゲットユーザーを決めていけば、最初のアクセス数がすくない期間でも比較的短時間で成果が出やすくなります。

3番目「潜在ターゲット」

最後はなかなかすぐに集客や収益に結ぶことはなく、時間がかかりますが最終的には大きなキーワードでホームページに訪れるユーザーを指します。
例えば、「フェイシャル エステ」 「エステの選び方」「フェイシャルエステとは」などのキーワードは検索する人はたくさんいますが、すぐにホームページでお申込みをしてくれる人ではありません。

でもそれらのユーザーがたくさん訪問することで、ステージ3からステージ2の顕在ターゲットとなり収益を生みます。

 

まずは、ステージ1の自分のホームページ名を入れてGoogleで一番上に表示されるのを目指していきましょう!

 

-お仕事

Copyright© Yourown-design , 2017 AllRights Reserved.