女性のあなたらしい仕事の仕方をお手伝いします

Yourown-design

お仕事

アクセス数の見方きちんと分かりますか?

投稿日:

こんにちは!WEBデザイナーの岩井あやこです。

SEOのお話しを何度かに渡り紹介しましたが、コンテンツの中身をしっかり書いていれば、

自然とホームページにファンがついて、アクセス数も上がってきます!!

そこでアクセス数の見方が大切になってくるので今日はそのお話しをしますね。

ページビューとセッションとユニーク数

ホームページを公開して気になってくるのが、アクセス数だと思います。ただ「アクセス数」と言っても曖昧ですよね。
大切な指標として「ページビュー」と「セッション」「ユニーク数」があります。

では、それぞれを細かく紹介していきましょう!

ページビューとは?

PV (Page View)と書いてあることもありますが、その名前の通りホームページに訪れたユーザが見たページの数です。ここで注意が必要なのですが、ユーザがブラウザの更新ボタンを押したり、戻るボタンで元のページに戻ってもカウントされてしまいます。

アクセス数が少なくても、ページビューの数が多いことってありますよね、その訳は上記の通りです!!

セッションとは?

数年前までは、「セッション」のことを訪問と言ってました。私も10年前にネットショップを開設してアクセス解析をしていたころは「訪問」という言葉を使ってました。「ホームページに訪問した」なんて感じで普通の会話で使っていましたね。
今は、セッションと言いますが、どちらが馴染みありますか?

意味は、

・あるユーザが検索をして、Yourown-Designのホームページを見つけました。

・ホームページを見てくれて

・お問合せやメニューのページに移動して

・ホームページを閉じて(離脱)しました。

このHPに訪れて閉じるまでの一連の流れをセッションと言います。

Googleアナリティクスで計測できますが、自分のホームページに訪れたユーザが1セッション(1訪問の行動で)平均何ページ見ているのか?それを把握することができます。

この分析をすることが、とってもとっても重要なんですね。

私もネットショップを開設していた時は、とにかくこのセッションの流れに重点を置いて分析してました。どのページから入ってきて、次にどのページに飛んだのか。最終的にお申込みのページまでは何人いったのか?どのページの商品が人気なのか。
ユーザの流れを知れば、よく見てくれるページを把握できるので、そのページにもっとわかりやすく購入またはお申込みにつながる導線を作ればいいのです。

ユニークユーザ数

ホームページに訪れた数ですが、重複しないカウントを指します。

例えば、私が一日に午前と午後でYourown-Designのホームページを訪れて見ていたとします。
でも、カウントは1です。

これは、ブラウザのクッキーを使って算出しているので、2年間の保持期間があるんですね。

ユニークユーザ数のカウントででは、細かく日と週と月などの単位で見ることもできます。

これは、例えば、Aさんは「Yourown-Design」のホームページに先週も今週も訪問したとします。
でもBさんは先週は訪問したけど、今週は見ません(訪問)しませんでした。

この場合は、先週のユーザ数は2。今週は1となります。

SEOで検索表示に力を入れることも大切ですが、自分のホームページに来てくれたユーザの行動を分析し、本当に見てほしい(読んでほしい)ページにナビゲートすることも同じように重要なのです!!

⇒ メニュー一覧☆

⇒ お問合せはこちらから

 

 

d1d96006d76ab067a030c0a35f84cf3c_s

-お仕事

Copyright© Yourown-design , 2017 AllRights Reserved.